Luxembourg Art Prize

応募期間:

2018年5月31日23時59分59秒

 

 

Luxembourg Art Prizeは、ルクセンブルグ公国にある非営利の展示会場であるPinacothèque de Luxembourgが毎年企画する国際賞です。この賞では毎年、プロ・アマチュア、年齢、国籍を問わず、才能豊かな芸術家を発掘することを目的としています。この賞は、2015年以降開かれている最終選考者の団体展と最終選考者のグローバルネットワークを通じて、まだ知られていない芸術家たちのキャリアを加速させるという目標を掲げています。

大賞受賞者には、25,000ユーロ(US$29,000 GBP22,000 CHF29,000 CA$37,000 JPY3,300,000)が提供されます。大賞受賞者は、自由にこの賞金を使用することができます。

最終選考者が団体展に必要とする費用は全て(作品の輸送、航空機および電車代、3食付き4つ星ホテル滞在費)組織が負担します。また、ルクセンブルグ公国に一緒にご滞在になる人物の費用に関しても同様です。

Luxembourg Art Prizeでは、デッサン、エッチング、インスタレーション、絵画、パフォーマンス、写真、デジタル作品、彫刻、サウンド、混合テクニック、装飾芸術(テキスタイルと素材、ガラス、木、金属、セラミック、モザイク、紙またはその他のテクニック)などを使って作品を制作する芸術家を対象としています。

Luxembourg Art Prize 2016の大賞受賞者はJohn Havertyに決定しました。

Luxembourg Art Prize 2017の大賞受賞者はJarik Jongmanに決定しました。

主要な4つのステップ

 

応募

応募書類の提出は、応募者量スペースから行うことができます。提出期限は2018年5月31日23時59分59秒(ルクセンブルク時間)です。

応募者用スペースを作成してください

 

団体展

6月30日までに、 Pinacothèque de Luxembourgの代表・創設者であるエルヴェ・ランスランをはじめとする芸術委員会が10名の芸術家を選抜します。最終選考者は、2018年9月22日~12月15日までルクセンブルグで開かれる団体展で作品を展示します。最終選考者は2018年9月20日~23日までルクセンブルグ公国に滞在し、セレモニーに出席する必要があります。また、代理人を出席させることもできます。

大賞受賞者の決定

Luxembourg Art Prize 2017の大賞受賞者は、最終審査員によって決定され、Pinacothèque de Luxembourgで開かれる最終選考者の団体展のヴェルニサージュイブニングで発表されます。大賞受賞者には数日後に25,000ユーロが銀行口座に振り込まれます。

最終選考者ネットワーク

最終選考者は全て、無料でLuxembourg Art Prizeグローバルネットワークの生涯会員になります。これは、各自が世界の数多くの国々で優先的なコンタクトを享受できるプロフェッショナルネットワークです。世界各地でプロフェッショナルな芸術家のためのチャンスを活用できる非常に効率的な手段です。 Luxembourg Art Prizeのグローバルネットワークは、世界的なレベルで芸術家に本当のチャンスを提供する唯一の芸術家ネットワークです。このネットワークにより、芸術家としてのキャリアが決定的なものになるでしょう!

Luxembourg Art Prize 2017の様子:

2017年に開催されたLuxembourg Art Prize最終選考者の団体展のヴェルニサージュイブニングには、数多くの人々にご来場いただきました!

募集締め切り

日(s)

:

時間(s)

:

分)

:

(S)

大賞候補者の発表

日(s)

:

時間(s)

:

分)

:

(S)

大賞受賞者の発表

日(s)

:

時間(s)

:

分)

:

(S)

エルヴェ・ランスラン

エルヴェ・ランスランは、ルクセンブルグ公国にある非営利の展示会場であるPinacothèque de Luxembourgの代表兼創立者です。

情熱あふれるコレクターであり、才能あふれる芸術家の開拓者であるランスランは、何年にも渡り、世界中の芸術家が制作した、何百という美術館レベルのアートコレクションを収集してきました。彼は、ヨーロッパの偉大な現代アートコレクターで
構成される協会ADIAFの会員であり、毎年、パリのポンピドゥーセンターと連携し、マルセル・デュシャン賞を提供しています。2011年はマルセル・デュシャン賞の選抜員会の審査員を務め、2010年以降、リールのMusée d’Art Moderne, d’Art Contemporain et d’Art Brutの管理者を務めています。また、現代アートとアートコレクションに関連したテーマで講演を行っています。

ルクセンブルグにある彼のギャラリーでは、美術館のようなレベルの作品を展示する素晴らしく、そして特別な場として、人々やメディアを迎え入れています。

Luxembourg Art Prizeの設立者であるエルヴェ・ランスランは、世界中で新たな才能や現代アートの将来のスターを見つけるだけでなく、芸術家たちに金銭的な援助を行い、世界レベルの特別なプロフェッショナルネットワークを提供することで、迅速な足がかりを提供することを望んでいます。

Pinacothèque de Luxembourg

非常に現代的な、美術館のような目的を持った展覧会の場

エルヴェ・ランスランが望むのは、芸術に対する情熱を共有すること。リベルテ大通りから数百メートルの場に、新しいアートギャラリーがオープンしました。コレクターであり芸術コンサルタントであるエルヴェ・ランスランの芸術に対する情熱の結集であるこの美しいスペースは、ランデルノーに彼の名を知らしめるでしょう。完璧な展示場所、荘厳なバックグラウンドサウンド、素晴らしい照明…約1年という期間、巧みに考えられ入念に準備された新しいギャラリーは、まばゆいほどの光を放っています。”

(Luxemburger Wort, 記事全文を読む)

Pinacothèque de Luxembourgについて

ニュースレターを購読できます

Luxembourg Art Prizeのニュースレターを購読して、当ギャラリーのニュースについて知ることができます。

ニュースレター
これは、たいていの場合母国語で、当ギャラリーからの通知などでのご使用を希望する言語です。できる限りその言語を使用できるよう努めます。
Sending

Pin It on Pinterest

Share This

シェアする

この記事を友達と共有してください!