今すぐご応募ください
こちらをクリックしてください

Pinacothèque(ピナコテーク)、ルクセンブルク公国の民間絵画館

Pinacothèqueは、ルクセンブルグ公国にある非営利の無料展示会場です。ヨーロッパで最も影響力のある芸術コレクターの一人、エルヴェ・ランスランが代表を務めています。美術館レベルのこの展示会場は、一般に解放されており、入場料無料で芸術展を開催しています。

エルヴェ・ランスランは、何年も前からヨーロッパで最も有名な美術館と連携し、特別な関係を構築しています。その中には、次が含まれます。

  • パリ、マイヨール美術館(2006年11月16日から2007年1月29日まで開催されたRa’anan Levyの「La Chambre Double」展)
  • ポンピドゥーセンター(2009年10月14日から2010年3月8日まで開催されたピエール・スーラージュ回顧展)
  • Museo de la Ciudad de Mexico(2010年6月10日から2010年8月22日まで開催されたピエール・スーラージュ回顧展)
  • ベルリン、Martin‐Gropius‐Bau)2010年10月2日から2011年1月17日まで開催されたピエール・スーラージュ回顧展)
  • パリ、マイヨール美術館(2011年11月9日から2月12日まで開催されたRa’anan Levyの「Passages du Temps」展)
  • ストラスブール近・現代美術館(2012年1月10日から2013年2月3日まで開催されたアネット・メサジェの「Les Continents Noirs」展)
  • グルノーブル美術館(2012年11月10日から2013年2月3日まで開催されたフィリップ・コニエ回顧展)
  • イタリア、アレッツォ現代アート国際ビエンナーレICASTICA(塩田 千春、2013年6月7日から2013年9月1日まで開催)
  • ナント美術館(2013年10月11日から2014年1月5日まで開催されたフィリップ・コニエ「De leur temps (4)」展)
  • リール宮殿美術館(2013年11月9日から2014年2月10日まで開催されたヤン・ファーブル「Illuminations / Enluminures」展)
  • ナミュール、Musée Félicien Rops(2015年3月14日から8月30日まで開催されたヤン・ファーブルの「Facing Time」展)
  • サン=ポール=ド=ヴァンス、フォンダシオン・マーグ(2015年6月27日から11月29日まで開催されたジェラール・ガルーストの「En chemin」展
  • ヴィルールバンヌ、Institut d’Art Contemporain(2016年3月12日から5月8日開催予定のThe Kid 「De leur temps (5)」展)
  • BAM – Musée des Beaux Art de Mons (ベルギー)(ジェラール・ガルースト展 « A la croisée des sources »、2016年9月24日~2017年1月29日)
  • MBAN – ナンシー美術館(フランス)(「Émile Friant, le dernier naturaliste ?」展、2016年11月4日~2017年2月27日、フランソワ・マラングレイの作品貸出)
  • LAM –リール・ヴィルヌーヴ=ダスク・アウトサイダーアート近現代美術館(フランス)(ミシェル・ネジャール展« Introspective »、2017年2月23日~6月4日)

Pinacothèqueは毎年Luxembourg Art Prizeを開催し、プロ・アマチュア、年齢、国籍、居住国に関係なく、才能あふれる芸術家を募っています。代表・創立者の後押しにより、Pinacothèqueはルクセンブルグ公国で世界的な現代アートの発展に貢献し、世界各地でまだ知られていない才能豊かな芸術家を発掘し、継続的な形で芸術のプロフェッショナルなサークルに加わる手段を提供しています。

ニュースレターを購読できます

Luxembourg Art Prizeのニュースレターを購読して、当ギャラリーのニュースについて知ることができます。

ニュースレター
これは、たいていの場合母国語で、当ギャラリーからの通知などでのご使用を希望する言語です。できる限りその言語を使用できるよう努めます。
Sending

Pin It on Pinterest

Share This

シェアする

この記事を友達と共有してください!